原創翻譯:龍騰網 http://www.339221.live 翻譯:andy8588 轉載請注明出處



12月のタイで凍死がすでに5件目:東南アジアは常夏の國というイメージが強いかと思うが、それは間違いだ。ときに冷え込むこともあり「常時、夏」というわけではない。確かに日本のように土に霜が降りたり、雪が降るということは早々ないが、普段が気溫30度超の暑い分、10度臺でもその落差に寒さを感じる。

12月的泰國已經發生第5起凍死事件:東南亞給人的印象是常夏的國家,但那是錯誤的。有時也會變冷,并不是“常夏”。的確,雖然不像日本那樣早早地下霜、下雪,但是平時氣溫超過30度的炎熱,即使是10度左右的落差也會感到寒冷。


この記事を執筆している時點(2019年12月27日)におけるバンコクの日中はだいぶ気溫が高く、夜も半袖でいられるくらいではあるが、2019年12月上旬はバンコクでも朝方は20度を切るほど冷え込んでいた。例年であればクリスマスごろから年始にかけて涼しくなるが、2019年は冷え込みがやや早めに來た。

在撰寫這篇報道的時候(2019年12月27日)曼谷白天氣溫很高,晚上也穿短袖,2019年12月上旬曼谷的早晨氣溫也低至20度。往年的話雖說從圣誕節到年初都很涼爽,但2019年的寒冷卻稍微提前了。





1月にはグッと冷え込むことがある,また、毎年必ずというわけではないが、ときどき1月下旬にぐっと冷え込むことがある。中國方面から寒波が下がってくるのか、バンコクでも日中で20度を切る場合もある。こういったときは、北部の山岳部では明け方に気溫がマイナスになることもあって、東南アジア=常夏という常識が身を持って覆される。特に1月2月に寒くなる場合は要注意である。

雖然1月會有突然變冷的時候,也不是每年都這樣,但有時在1月下旬會冷得多。不知道是不是來自中國方面的寒流降下來了,曼谷也有白天低至20度的情況。這樣的時候,北部的山區在黎明的時候氣溫會降至零下,東南亞=常夏這一常識就會被推翻。特別是在1月份2月份變冷的情況下,要注意。


毎年、少なくとも年始を過ぎればバンコクは気溫が上がっていく。タイの真夏は4月5月で、そのピークに向けて気溫が上昇するのだが、1月下旬などだと上がり始めた空気が一気に冷え込むため、明け方は飛行機が著陸を斷念するほどの濃霧に包まれることもある。

每年至少過了年初,曼谷的氣溫就會上升。泰國的盛夏是4月5月,氣溫會朝著這個高峰上升,但到了1月下旬,開始上升的空氣一下子變冷了,所以清晨有時會發生飛機被包裹在濃霧中放棄著陸的情況.


ベトナムの首都ハノイなどは東南アジアの中でもかなり北に位置するので12月から翌3月くらいまでは寒い時期が続くため、用意するべき服裝などは判斷しやすい。しかし、バンコクの場合は突発的に冷え込むので旅行直前で準備しておくことは難しいだろう。幸い、この時期は日本の方が寒いので、防寒著がないという事態には陥らないだろうが、プール遊びや海水浴はできないレベルになる場合があるこ
とは覚悟しておこう。

越南的首都河內等地在東南亞相當靠北的位置,從12月到次年3月左右會持續寒冷,容易判斷應該準備的服裝。但是,在曼谷會突然變冷,所以在旅行前要做好準備是很困難的。幸運的是,這個時期日本比較冷,不會陷入沒有防寒服的狀況,不過,要做好抵達后可能不能玩游泳池和海水浴的覺悟。